Case

施工事例

 
帰りが楽しくなる家
   
アンティークながらも、シンプルな佇まい。フローリング敷きのリビングには、お施主様のこだわったコタツの間があり、家族みんなが座ってワイワイしながら、寛げる空間が生まれました。
お施主様自身、建築のプロとして、家づくりへのこだわりが大変強く、断熱性能・耐震性など機能性への追及はもちろん、将来のことも視野に入れたバリアフリーの要素も各所に取り入れています。
見える部分と見えない部分にも、一つ一つ家づくりの想いが詰まっています。帰ってくることが楽しい家が完成しました。
  

 
<< お施主様インタビュー >>
 
Q.大忠建設で建てようと思ったきっかけ

A..創業40年以上と歴史があり、ここ大阪狭山市での施工実績も多数あるとお聞きしました。また、地域のことにも詳しかった点や設計のF氏の対応が非常に良く好印象だったので御社に決めました。

 

 

Q. プランについて

A. 私は設計の仕事をしていて、お客さんの想いを具体化するのは難しい部分もあるのですが、自分の作った図面で建ててもらったので、住んでから困るようなことはないですね。欲を言えば洗面所にもう1箇所コンセントをつけていればよかったと。

想いが伝わらなかったとかは全くないです。

ほぼ満足していて、100点満点中100点ですね(笑)

 

Q.特にこだわったところ、印象に残ったところは

A.大阪狭山市での家づくりを考えていました。

この立地で家づくりができたことがまずは良かったですね。

家自体のこだわりはクラシカルな外観にしたかったこと。

クラシックな家は個人的にもちろん好きですし、長い目で見たとき流行りに左右されずいいですよね!

内観はあまりコテコテにしたくなく、特に家族が団欒する場所はどんな家具でも合わせやすい

シンプルな感じにと思っていました。

家具の為に住まいを変えないといけないようなことはしたくなかったんです。

全体的な配色は次の世代にも受け継いでいけるように子供達(娘さん、息子さん)の

好きなように合わせました。

機能面ですが、断熱にはかなりこだわりました。

御社の壁の吹き付けは一般的な吹き付けと比べても厚めになっているので

樹脂サッシを入れて、開口部分を少し小さくすれば、※【ZEH ゼッチ】(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)のベースになるくらいの住宅にできると思うんです。

それと、新築の家は狙われやすいのでセキュリティーにもこだわりました。

 

あとは健常な時はいいのですが、将来的に障害を抱えたとしてもこの家での暮らしは続いていきます。

そういった場合も想定して家づくりをしました。

車椅子になったとしても家への出入りはしやすいようにスロープにできるように、

現段階でポーチは砂利にしておくとか

お風呂場の手すりを強化したり、

シャワーヘッドもバーを固定させたとかですかね。

 

Q.大忠建設の対応は

A.さっきも話しましたが設計のF氏をはじめ細かくやり取りをしてくれたことが良かったですね。時間がかかってもきちんと対応してくれたことには本当に感謝です!

 

Q.住み心地はいかがですか

A.簡単に言うと、家に帰って来て外観を見ただけで嬉しい気持ちになります。

そう思える満足感がありますよね。自分の好きな外観になっているので!

 

Q.家づくりは楽しかったですか

A.正直なところ楽しめるほど、私自身時間の余裕がなかったのですが、

住み心地も良く仕上がりには満足していますので、

結果的に家づくりは楽しかったということですね(笑)

 

Q.最後にメッセージを

A.家は資産づくりだからと言って

細かいことを突き詰めていくより、

信頼関係を築いておけば、プロの方が建ててくれるので

良い意見を出してくれますし、

もちろん言いたいことは我慢せずに言う。

そうやって良い人間関係を築くことが、

理想の家を作るコツだと思いましたね!

 

有難うございました

 

※ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

出典:経済産業省 自然エネルギー庁HPより

 
 

 

TITLE :
帰りが楽しくなるイエ N様邸 《 お施主様の声 》 
所在地:
大阪府大阪狭山市
敷地面積:
155㎡
竣工日:
工法:
木造軸組パネル工法 2階建て
延床面積:
105㎡