色柄多彩なジョリパットで憧れの塗り壁! - HOUSE CODE | ハウスコード

スタッフブログ

ブログ

色柄多彩なジョリパットで憧れの塗り壁!

こんにちは、ハウスコード 設計士の山中です。

来月公開予定のモデルハウスも、いよいよ工事が佳境に入ってきました。

外壁は池尻自由丘モデルハウスに続いて、アイカ工業の塗装材「ジョリパット」を採用した塗装仕上げです。

 

当社にはジョリパットを採用した事例がいくつもあります。
お客さまにお話をうかがうと、塗り壁に憧れはあるものの、お手入れ方法やコスト面がよく分からず、なんとなく敷居が高いと思っていらっしゃる方が多い様子。そんな方も、モデルハウス見学会や完成見学会に参加することでハードルが下がり、「うちもこんな風にしたい!」と思っていただけるようです。

 

 

 

 

せっかくなので、ジョリパットの特長を簡単にご説明させていただきますね^ ^

 

~自由自在に色柄を遊べるジョリパットの魅力~

ジョリパットはアクリル塗料と砂などの天然素材を混合した塗装材です。高耐久で色あせやひび割れが少なく、メンテナンス性も高いのがポイント。将来必要になるメンテナンス・外壁塗装を適切に行えば、ジョリパットならではの質感を損なうことはありません。
また180色以上のカラーと100種以上のデザイン(塗り方)を掛け合わせることができる色柄の豊富さも魅力です。

ハウスコードのお客さまに人気なのは、ざっくりと素朴な表情が味わい深いエンシェントブリック仕上げ。

 

 

ご希望があれば、塗り後の模様が美しいコテ仕上げやマーブル模様、石材風などの個性的な仕上げも選べます。

ちなみに12月にはジョリパットのパターンバリエーションの中から、「ゲラーデ」と「小粒ロックS」という2つの塗り方を組み合わせたお住まいが完成する予定です。
完成見学会の日程が決まりましたら、また改めてお知らせさせていただきますね。

 

 

ご相談・お問合せはお気軽にどうぞ

0120-558-024
受付9:00~18:00(年末年始・GW・お盆休み)
資料請求